FC2ブログ

Sun.

【映画】君の名は。  

こんばんは~
すっかり涼しくなったと思ったのも束の間、結局例年の様に残暑が厳しい今日この頃です

最近ようやく落ち着いてきてようやくレンタルする事が出来ましたので今日はタイトルの



君の名は。を紹介したいと思います

もっともこの作品においては紹介は不要と言えちゃうような作品とも言えます

2016/8/26に公開されてから13週目までに渡って12回週末動員数1位を獲得
12月には興行収入200億円を突破し日本における歴代興行収入ランキング5位になりました

そんな本作は去年から今年にかけて最も話題になった映画と言えます






スクリーンショット (228)


私は事前の予告動画では瀧と言う少年と三葉と言う少女が入れ替わると言う事、徐々にお互いの名前を忘れていく?程度の事しか分かっていませんでした

なので以前の新海誠監督の作品、「秒速5センチメートル」のように悲恋で終わるのかなーって程度でそんなに今すぐ見たいって思ってはいませんでした

しかし公開されて話題に上がっているのをテレビで見たりまたレンタル開始されてレンタル店で流れている動画などを観て一変
すごく興味を持たされ普段はあまり行かないレンタル店にちょいちょい通ってようやくレンタルできたと言う感じです


スクリーンショット (213)

立花瀧  声優:神木隆之介
東京都心に父親と二人暮らしの男子高校生
絵を描くのが得意で美術に興味を持っている

弱いわりに喧嘩っ早いところがある。
イタリアンレストランIL GIARDINO DELLE PAROLEでアルバイトをしていて同僚の奥寺へひそかに想いを寄せる


スクリーンショット (212)

宮水 三葉  声優:上白石萌音

山間の田舎町「岐阜県糸守町」に住む女子高校生
母親は病死し町長である父親は家を出ている為現在は祖母と妹「四葉」との三人暮らし

家系である神社の娘として巫女を務めている事、父親が町長をしていることでの一部の同級生や町民から疎まれていることなどもあり田舎での暮らしに辟易していて都会での暮らしに憧れを抱いている



この二人が突然入れ替わる現象が起きる
最初こそ「夢の中の出来事」と思っていた二人ですがその後も度々同じようなことが起き周囲の反応からそれが夢の中の出来事ではなく実在する誰かと入れ替わっている事に気が付きます

これだけなら入れ替わりを題材とした恋愛映画、そう思っていたのですが実はそれだけではなかった


スクリーンショット (210)


DVDなどのパッケージなどにも描かれている1200年ぶりに地球に接近する彗星「ティアマト彗星」
実はこの彗星を巡る大きな出来事がこの作中で非常に重要な意味をもっています



スクリーンショット (217)


突然瀧と三葉の入れ替わりは終わりを告げ瀧は記憶を頼りに描いた糸守のスケッチだけを頼りに三葉を探しついに場所を突き止めますがそこで待っていたのは三年前に糸守町を襲った悲劇

それは「ティアマト彗星」が割れ隕石として糸守町を直撃すると言う出来事でした
三葉を含む町民500人以上が死亡していることを知りまた隕石衝突で跡形もなく消滅した糸守町を目のあたりにし愕然とする瀧

衝撃を受けつつも色々と事実を確認していく中、三葉と入れ替わっていた際に祖母・妹と行った口噛み酒を奉納した記憶を思い出し宮水神社背後の龍神山上にある隠し本殿の御神体に行くことを思いつきます

そこで口噛み酒を飲むことで再度入れ替わることに成功
目覚めた日は彗星落下の当日。

瀧は友人の勅使河原克彦、名取早耶香と共に住人の非難の計画を進めますが計画のかなめである三葉の父であり町長でもある俊樹の説得が失敗に終わります


スクリーンショット (220)


計画がなかなかうまく進行しない中直感的に御神体のもとにいるはずの自分の体の中の三葉に逢いに行くことを決めた瀧は山を登りついにかたわれ時に三葉と会うことに成功します


スクリーンショット (219)


実は三葉は彗星落下の前日に瀧に逢いに東京に行っていました
しかし実際には入れ替わりには三年の時のずれがありまだ三葉と入れ替わる前の中学生の瀧は三葉の事を分かる訳もなく三葉の「会ったら迷惑がられるかな?喜んでくれるかな?」といった淡い恋心は無残に打ち砕かれます

翌日傷心した三葉は運命の日を迎え命を落とします


片割れ時にようやくお互いの体で出会えた二人は二度とお互いの名前を忘れないようにとお互いの手に名前を書いておくことにします

しかし無常にかたわれ時は終わり瀧の手に三葉が名前を書くことは間に合わずそれぞれの時間に引き戻されるにつれ三葉の名前を想い出せなくなります

対する三葉は直後は記憶が鮮明で瀧が計画していた住人避難計画の実行を引き継ぎます
住人非難の為に駆け回りますが計画通りにはいかずそして徐々に失われていく瀧に関する記憶

手に描いた文字を見ますがそこに書かれていた「好きだ」の文字

「これじゃ名前が分からないじゃない」と呟きつつも生きたいという気持ちに駆られ三葉は父の説得に向かいます



住人の避難が上手く良き奇跡的に人的大被害を免れた糸守町の隕石衝突から八年後
瀧は就職活動中、三葉は東京で暮らしつつもすっかり入れ替わりの事、お互いの事を忘れてしまい、しかし心のどこかで感じる「誰か」を漠然と探す毎日

そんな毎日を過ごしているある日並走する電車の車窓越しのお互いの姿を見つけた瀧と三葉は次の駅で下車しお互いの姿を探して走り回ります


スクリーンショット (227)


階段でようやくお互いの姿を見つけつつもきっかけを見つけられず通り過ぎてしまうところを瀧が呼び止めます
「僕は君といつかどこかで・・・」

理由も記憶もない漠然と探していた大切な「誰か」に出会うことが出来た二人は自然と涙を流します
二人とも涙を流しながら問いかけます「君の名は。


もう本当に良い映画と言う感想しかありません
ただの恋愛映画と思いきや緻密に設定された世界観と物語

最後がハッピーエンドで終わるのも本当に良かったです

細かな感想は省きますがまだ見ていない人がいるなら一度は見て欲しいと思う名作中の名作と思います





スポンサーサイト

2017/09/10 22:10 [edit]

category: アニメ・漫画

thread: 君の名は。 - janre: 映画

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top