こんにちは~
今年は冬が長引いて春が来るのが若干遅れそう、そう思っていた私ですが最近はいっきに暖かくなってすっかり春到来ムードですね

一番快適に過ごせる季節なのでこの時期に色々頑張りたいです

って思っていたら4月にまさかの雪
嫌な予想は当たってしまうものだから本当に困ったものです


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・


嫌な予想と言えばプリキュアの劇場版はいまいちハズレが多い、個人的にはそう思っていて魔法つかいプリキュアも少し不安な部分がありましたがこれに関しては評判がとても良く意見を参考にして私もBDをアマゾンで予約購入しましたがこちらは良い意味で予想を裏切ってくれました


2017-03-12-22h14m32s792.jpg

映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!


2017-03-12-22h13m44s494.jpg

冒頭はフルCGでのデフォルメキャラによるマジカルライトの遊びを入れた短編アニメ
マジカルライトを使っての導入部を早い段階で入れたかったと雑誌か何かで見たような記憶がありますが多分これがそれなのでしょう

時間的にも本編に差し支えがない範囲で上手くまとめてありますしコミカルで分かり易い演出に終始してあるのは良かったです
挿入歌をAKB48の渡辺麻友が担当する事でも話題になりましたね


2017-03-12-22h14m57s484.jpg

本編の長編アニメはキャラクター紹介から始まります
基本的にTVシリーズを観ていない人が観ることは少ないと思いますが劇場版から観る人への気遣いを兼ねた簡単な作品紹介&主要キャラ紹介は好印象でした

それが終わると本編
流れ星が流れ、流れ星が消えるまえに願い事を唱えると願いが叶うというお約束の流れから始まります
・・・・で何度も観たな、このパターンってことで「ねえ、あの星近付いて来てない?」からのみらいの顔面に星直撃。

初代プリキュアからもうこれ定番のパターンですね

で直撃したものは星ではなくミラクルライトな訳ですがライトにクマの装飾が施されているために三人の第一印象は


2017-03-12-22h16m01s167.jpg

くま!」「くまだ。」「くまね」のそのまんまの感想

その後校長からマジカルライトであることと100年に一度魔法界をあげて行われる祭り「大魔法フェスティバル」が行われることを伝えられます

もちろんそれを聞いてみらいは「今、大魔法フェスティバルって言いました~?」ってなります
要はワクワクもんだぁ~!って事ですねはい


2017-03-12-22h18m39s096.jpg

三人でフェスティバル会場を観て回ったのちついにその時は来ます
大魔法フェスティバルの本命、願いの石の復活

選ばれた一人のどんな願いでもかなえると言う願いの石、その石の目覚めの瞬間
そして願いの石に選ばれたのは・・・モフルン

でもモフルンには肝心の願いが無くて実はこの時モフルンが願ったのはみらい、りこ、はーちゃんの願いを叶えて欲しいと言う優しい願いでした
流石モフルン(笑)

ならば俺の願いを叶えてもらおう

2017-03-12-22h20m20s632.jpg

遂に今作の悪役の登場
悪魔、ことダークマター

力ずくで願いの石を奪おうとするダークマターにみらいは理由を尋ねます

ダークマターは当然願いを叶えるためだと言います
その願いは「この世界から全ての魔法使いを消すこと


2017-03-12-22h21m04s635.jpg

当然みらい達はそれを阻止しようと立ち向かいますがダークマターの力の前になすすべもなく敗れます

現代の科学と同じくらいのことが出来る便利な力、それがまほプリでの魔法の定義ですがダームマターはその定義の枠を超えて炎・風・土などの様々な事象を操り圧倒的な力を見せつけます

そうして軽々と願いの石を手に入れたダークマターですが願いの石に選ばれたモフルンに目を付けモフルンを攫っていなくなります

離れ離れになるみらいとモフルン


2017-03-12-22h24m06s027.jpg

ダークマターはモフルンに自分の願いを叶えさせようとしますが当然モフルンも全力で逃走
このシーンでのモフルンの全力での逃走劇もシュールでなかなか面白いです

今作では取り扱ってる内容がシリアスな展開になりがちなものだけに重くならな過ぎるようにコミカルな場面を随所にちりばめたとスタッフインタビューで話がありました
このシーンもその一環と言う事でしょうね

逃げる過程で知り合った大勢のくまともすぐに仲良くなるモフルン


2017-03-12-22h24m22s843.jpg

そこに姿を現した謎の黒いくまのくまた
彼(?)は生まれながらにして魔法を自在に使えることですべての存生き物から恐れ嫌われる存在でした

で、相変わらずのモフルンはすぐにコミュニケーションをとりに行きます。まあそういう子だよねモフルン


2017-03-12-22h25m23s387.jpg

場面は変わってモフルンを探しに飛び出たみらいになります
離れ離れになったモフルンを探すため体に無理をして探し続けていたみらいですが集中が途切れ魔法のほうきともども落下しそうになります

勿論そんな窮地を救いに来るのはりこ
でもモフルンと離れ離れで気持ちに余裕のないみらいはりこの話に耳を貸さずにモフルンを探しに行こうとします

みらいにまで何かあったらどうするのよ! 」
リコの一言でハッとなるみらい

このシーンではみらいとリコの絆が感じさせられます
実はTVシリーズの方がまだ早い段階で劇場版は製作が進められていてTVシリーズの方でどこまでみらいとリコが仲良くなるかが分からないまま製作が進んでいたそうです

魔法つかいプリキュア!の作風やキャラ達を考えながらこのくらいまでは仲良くなるかな?など作品に真剣に向き合って何度も考えたそうです

その結果がこの素晴らしい劇場版の完成に繋がったのでしょう。このシーンもTVシリーズと違和感全くなし!

モフルンが心配なのはみらいだけじゃないよ」とは-ちゃん

自分の事を心配してくれる二人の言葉を聞いてようやくいつもの未来に戻ります


2017-03-12-22h26m46s065.jpg

りこおススメの「栄養満点!ヤナオニの実よ
種をかじるとりこ曰く寝た子も起こす強烈なにおいをまき散らすようでその話を聞く前に早々に食べてしまったはーちゃんは当然種まで・・・・でこのシーンです

コミカルな演出の一環、というこのヤナオニの実のワンシーン
実はこの後も地味に役に立ってくれますw

ところでシーン関係ないけどキュロットパンツの裾からみえるみらいの脚線美にちょっとドキドキしたのは私だけでしょうか?w
劇場版の作画監督さんなのかな?やたら脚線美を強調しているような・・・

もともとキュロットパンツの時点で足に目が良く服装って言うのはありますけどね


2017-03-12-22h28m08s291.jpg

お前は俺の力が恐くないのか?
魔法の力でお腹が減ったと言うモフルンにクッキーなどお菓子をあげていたくまたはふとこんなことをモフルンに尋ねます

俺の力を見たものは皆恐れて逃げていく」そんな何気なく言ったくまたの一言にくまたの本音が表れています。自分を恐れず普通に接してくれる、そんなモフルンにだからこそついぽろっと言ってしまったのでしょう

怖くなんかないモフ。素敵な魔法モフ!
それにくまたは優しいモフと言葉を続けるモフルン
多分くまたが一番欲していた言葉でしょう

くまたはここが気に入ったならずっとここにいるようにとモフルンに促します


2017-03-12-22h29m01s156.jpg
2017-03-12-22h30m09s682.jpg

そんな時に無数に流れる流れ星
それをみてずっと見つけられずにいた自分の願い、気持ちにみらいは気付きます

みらいはモフルンを想い、モフルンはみらいを想う、離れ離れになっていてもお互いの事を想うそんな二人の絆が感じられるシーンです


モフルンも願う事でみらい達を思い出し帰ろうとします
自分とずっと一緒にいてくれない、これまでずっと拒絶され続けてきたくまたにはまた拒絶されたように感じたのでしょう

正体を現しモフルンを利用するためにくまたというふりをしていたと明かすダークマタ
名前そのまんますぎだろ!(゚д゚)

「もしお前がここに残ると言うのならプリキュア達には手は出さない」とそういうダークマター
願いを叶えないかわりにと言う事なので本末転倒なのですがそもそもダークマターの本当の願いは・・・・と言う話

もともとダークマターの本当の願いは魔法使い全てを消すことではないという事ですよね


2017-03-12-22h32m46s233.jpg

みらい達を傷付けたくない、そんな気持ちからダークマターと一緒に行くことを選び頑なにみらいと一緒に帰ることを拒むモフルン

モフルンがいてくれるから私は嬉しいし、楽しいんだよ
そう言って飛び出すみらい

モフルンも飛び出し一緒に行くことを選びますが寸前のところで再開はダークマターに止められます


2017-03-12-22h34m00s534.jpg

モフルンはみらいを助けるモフ!!
二人の絆・想いに共鳴していた願いの石はモフルンの強い思いに反応してもふるんにみらいを助ける力を与えます

それはプリキュアになること!
遂に史上初のぬいぐるみプリキュア、キュアモフルン誕生です


最初はモフルンの声優の齋藤彩夏さんがキュアモフルンになれるかチェックがあったそうです
普段の話し方だとキュアモフルンになった際には合わない、そう考えてのことだったと思うのですが確かに私もそのままだと違和感ありそうと思いました

でも斎藤さんは地声がモフルン(それはそれでなんかすごいw)ということで結局最終的には普段のモフルンと一緒だけどそれはそれで良いかなってなったそうです

実際に聞いてみてたしかにこれはこれで良いかなって思えてくる不思議。さすが性別モフルン


2017-03-12-22h35m25s379.jpg

くまた、モフルンはちょっと怒ってるモフ
そう言ってキュアモフルンとダークマターの一騎打ちが始まります


2017-03-12-22h37m09s641.jpg
2017-03-12-22h38m29s765.jpg

このシーンがこの劇場版一の見所でしょう
バックで流れる鮮烈キュアモフルンのカッコよさも相まってキュアモフルンがすごくカッコ可愛く見えます

このシーンは本当に直接観てもらうしかないかなって思います


2017-03-12-22h44m00s085.jpg

願いの石の力は消えた。ならばせめて俺の力ですべてを滅茶苦茶にしてやる!

誰からも拒絶されずっと一人で生きてきた、そんな辛い過去の話をダークマターは語り始めます
周りのものたちの為に力を使っても力を使えば使う程恐れられて拒絶されて・・・その話を聞いたキュアモフルンはダークマターを受け入れようとしますがその想いは届かず無情にもダークマターの一撃がリンクルストーンに直撃


2017-03-12-22h44m36s990.jpg
2017-03-12-22h46m04s961.jpg

言葉も話さずピクリとも動かない=モフルンの死
そんなモフルンの姿を見て涙を流すみらい

死と言う題材を取り扱うのはフレッシュプリキュア以降初めて
そんな難しい題材を取り扱うからこそ今作は雰囲気が暗くなり過ぎないようにと随所にコミカルな演出なちりばめられていたと言う事です


2017-03-12-22h46m13s661.jpg

馬鹿め!自分がそうなってしまっては一緒もなにもない
そう言葉では言いつつも流れる涙

ダークマターの本当の願いは友達が欲しい。多分この時点ではモフルンと一緒にいたいでしょうか
だからこそ本当の願いではない魔法使い全てを消すと言う願いには石が反応しなかったんですね

みらい、りこ、はーちゃんの話を聞いて自分の本当の願い、気持ちに気が付いたくまたは本来の姿に戻ります
しかしくまたの元を離れ暴走を始めたくまたの魔法は世界を滅茶苦茶にするために動き始めます


2017-03-12-22h48m14s068.jpg

リンクルストーンを失いプリキュアになれないみらい、りこ、力を失っているはーちゃん
そんな絶望的な中でも言葉は話せなくても一緒にいるそんなモフルンとの絆に後押しされ絶対にあきらめないみらい

そんな姿を見てみらい達に世界中から集まる「皆の願い」
願いの石が反応してお約束の奇跡が起きます

リンクルストーンが復元されりこ、みらい、ハーちゃんはプリキュアにそしてモフルンも甦りキュアモフルンになります


2017-03-12-22h51m56s875.jpg
2017-03-12-22h52m32s770.jpg

トパーズスタイルが最強だった件
ルビー・サファイアスタイルを召喚しての計10人でのラストバトルは圧巻

人数を生かしてのスピーディーなコンビネーションはえげつないほど。
当初はもっと盛り混んでいたそうですが目で追えるように削って調整したそうです


2017-03-12-22h54m45s728.jpg

くまたの魔法の暴走を無事鎮圧したあと、笑い合うみらい達の姿を見て自分の居場所はあそこではないと察して何も言わずにその場を去ろうとするくまた

気が付いたモフルンに一緒に行かないのと聞かれますがもう自分には十分だと再会の言葉を交わして去ろうとします
そんなくまたに差し伸べられる大勢のくまたちの手

あの子の本当の願いって・・・
友達が欲しい、かな

もう叶っているよね願いの石なんて、なくったって!
というみらいのことばとくまたを見守るモフルンの満面の笑みで締められています


みらいとモフルンの絆、死だったりとなかなか対象の子供には難しいテーマを扱いつつも暗くなり過ぎないように全編通してバランスの良い展開になっていますしバトルの力の入れ方も良かったです

プリキュアの劇場作品では珍しく大当たりでした。BDで購入しておいて本当に良かった

残念なのはキュアモフルンの出番がこれだけなの?っていうことくらい
キュアモフルンになった経緯を考えればそうぽんぽんプリキュア化させるべきではないのでしょうけれど素敵だっただけにちょっと残念

つぎの新オールスターズ的な劇場版で少しでもいいからキュアモフルンの姿が観たいかなーってのが今現在の私の願い





スポンサーサイト

2017/04/15 05:33 [edit]

category: プリキュア!

thread: プリキュア - janre: アニメ・コミック

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top