• Admin
  • New entry
  • Up load
  • All archives
  • Tue.

    【ゲーム紹介】世界樹の迷宮Ⅴ  

    CIMG11551.jpg

    こんにちはー
    最近は仕事が忙しいこともさることながらゲームにも忙しかったです

    お馴染みですが興味がある・面白いゲームがある時は複数のタイトルを同時進行するというやつです

    PSO2はそれなりにですがVerあっぷのあったMinecraftと
    世界樹の迷宮Ⅴ-長き神話の果て-はかなり嵌ってプレイしてます

    世界樹の迷宮Ⅴに関しては友人の心氏に面白いから体験版だけでもプレイしてみたら?と言われたのが購入する一番の大きな決め手になりました

    3DSのタイトルは良くも悪くも「子供向けのタイトルが多いイメージ」ですがこの作品に関しては大人も普通に楽しめるなかなか作り込まれたダンジョンRPGと思います

    体験版でも作品の内容には軽くは触れられますが本格的に嵌る要因になった内容までは触れられず結局のところさわりで面白そうかもと思って買っていなければ本当のこのゲームの良さは分からず仕舞いでした

    作風としては当ブログを見てきた方ならダントラと似た感じの作品と思って貰えれば良いと思います


    CIMG11471.jpg

    ダンジョンRPGとしては定番の本拠地(街)で準備を整えクエストに出発→本拠地に戻ってきて収穫品で装備、スキル等を整える→出発、の流れになります

    上から順にお馴染み宿屋・アイオリス大市・魔女の黄昏亭・冒険者ギルド・評議会となります
    宿屋は今更言わずもがなHP/PPの回復
    その他にはアイテムを預ける倉庫、イベント等で動物を飼うと一定時間経過時に料理アイテム入手といったものが目的になります

    大市は武器・防具・道具全てを取り扱うショップです
    ここでダンジョンで収穫したエネミーの素材・フィールドでの採取アイテム等を売ることでその素材を必要とする武器・防具・アイテムが作成(購入)可能になって行くという仕組みです

    在庫はしっかりと管理されていて売れば売った分だけ複数個購入が可能になります

    また武器の強化もここですることが出来、後半は武器の購入以上に重要な要素となります

    序盤のうちは攻撃力などのステータスだけで選んでいっても問題はありませんが終盤になるにつれ単純なステータスだけでなく武器固有のスキルがステータス以上に重要になってくる場面が多々出てきます
    まあ大抵は良スキル持ちの武具の生産条件は終盤のボス級エネミーの素材となる訳ですが。

    ちなみに武器強化で上昇するのは武器の攻撃力だけでなくそれぞれに付加されたステータスも一緒に上昇します
    例えばAGL↑の付加を持った武器ならLvを上げると攻撃力と一緒にAGLの数値も強化されていきます

    また固有スキルがある武器の場合はスキルのLvも上昇します
    注意が必要なのは固有スキルによってはLvを上げれば上げるほど良いと言う訳ではない点

    スキル全般に言えることですがLvの上昇に伴い消費PPが大きく上昇してしまうものもあり職業・種族の組み合わせによっては運用に支障をきたす場合があります
    自分の使用目的に合わせたLv上げをしていく必要があります


    あとはダンジョン脱出アイテムの「アリアドネの糸
    忘れるとひどい目にあいます_(:□ 」∠)_

    魔女の黄昏亭
    基本的な目的はクエストの受注&報告
    DLコンテンツで経験値のクエストとお金のクエストを購入している場合はここの行き来がメインのゲーム進行になるほどです

    ゲームバランスが壊れるので購入するかはお好みでどうぞ
    あとはLv上限の解放クエストにも関わってくるので最終的にはwikiを見るなりしてある程度の進行が必要にもなってきます

    地味に料理アイテムを購入出来たりもします

    冒険者ギルド
    キャラクター作成からPT編成、キャラクターの管理等々様々な場面でお世話になるメインの施設の一つ
    まずはキャラクター作成のために真っ先に足を運ぶことになるのがこの施設になります


    CIMG11561.jpg

    使用キャラはギルド登録時にキャラクタークリエイトが出来それなりにですが自分好みにカスタマイズすることが出来ます
    イラストから選択し髪の色、目の色、ボイスなどを変更できます

    種族や職業による制約はあるものの手間がかかっても良い場合は「転職」等を利用することでイラストは別の職業・種族のまま好きな組み合わせの職業を選ぶことが出来るようになります

    後々の事を考えると攻略向きな種族・職業を厳選してPT編成できるようにキャラクター作成しておきたい所ですがこの時点ではゲームに精通していない訳ですし最初は深く考えずに好みで作成した方が本来の楽しみ方でプレイできるかもしれません

    もちろんRPGの基本の部分は抑えておいた方が良いと思います
    回復職は一人は入れる、後衛は二人必要なので支援職or後衛でも安定した火力を維持できる遠距離攻撃の職業を一人
    前衛はタンク、もしくはプレイスタイル次第では前衛は全てアタッカーと言うのもありだと思います


    主に種族は4種
    ●アースラン
    所謂人間のポジションの種族。ステータスはHP・防御力が高く他は概ね平均的で何でもそつなくこなせる
    PPは低いのでスキルのLv上げは慎重に

    樹海採集術を習得できるので採集の際にPTに入れておくとレア収集が捗る

    ●ルナリア
    一般的なファンタジーで言うところのエルフ
    魔法力関連のステータスが飛びぬけて高く当然ながら魔法系の職業に向いています

    ●セリアン
    一般的なファンタジーで言うとドワーフ辺りになるのでしょうか
    近接職業に必要なステータスが全体的に高くPPもそれなりにあるという優秀な種族

    オマケに種族ユニゾンで気魄の楔を覚えられるためそこも大きなポイント
    このスキルは1ターンのあいだどの攻撃にも部位封じの効果が付加されるというもの

    事前に状態以上低下のスキルを使ってフェンサーなどの手数が多くなる職業を入れたPTでこれを使用した場合
    1ターン目でボス全部位封じ瞬殺余裕でした状態になることも珍しくないです

    ●ブラニー
    回復職業に向いた種族
    魔法力もかなり高く近接ステータスはルナリアよりは高いので幅広い運用が可能(と思う

    種族スキルで守備の号令、イージスの盾といった強力な防御系ユニゾンスキルを取得可能なためその点においてもPTの要を握る重要な種族と言えます


    CIMG11481.jpg

    そしてRPGで最重要と言えるスキル修得
    どんなゲームでもスキルの存在がある場合はゲームの難易度を大きく変えるのがスキルですがこの世界樹の迷宮Ⅴにおいてもそれは変わらずです
    というかスキルを厳選しておかないとそもそも戦いにならない(;´д`)

    このあたりはwikiみるなりして職業ごとの最低限のスキル修得はしておかないと職業ごとの持ち味すらまともに発揮できません
    もっともこういうダンジョンRPGの楽しさの一つにスキル振りがあると思うので蔑ろにすることはないでしょうけどね

    修得できるスキルは種族のほかに職業が大きく関係しています。当然ですね
    職業自体が多い上、一定のLvと条件を満たすことで上級職になり同じ職業でも役割が全く違くなるため選択肢は多いです

    ●フェンサー
    剣を武器とする盾も装備可能な軽剣士
    上級職で回避特化型か連携特化型に分かれる

    「チェイン」と言う要素がこのクラスの一番の特徴で仲間が炎・氷・雷・突属性の攻撃をした際追撃で攻撃するというスキルがメインになります
    雑魚・ボス戦ともに活躍してくれる安定感のある攻撃職

    初心者には連携特化型をオススメします

    ●ドラグーン
    所謂タンク
    ガード特化型と砲撃特化型に分かれる

    私が攻撃編成でタンクを入れていなかったせいで難易度が上がっていたのかもしれません
    友人の話ではやっぱりタンクのドラグーンを入れると戦闘が安定する、とのこと

    ●ウォーロック
    炎・氷・雷の属性を操る魔法使い
    三属性特化型か六属性万能型に分かれます

    どちらに進んでもチェインシステム上フェンサーとの相性が良い
    極めれば分からないですが私が使った範囲では火力では近接職業に一歩譲り範囲攻撃な分雑魚殲滅には優れる、と言ったところでしょうか

    ちなみにダメージ床軽減のスキルを習得するためダンジョン次第でPT必須になる職業

    ●ハウンド
    弓を使う遠距離攻撃型の狩人
    猟犬・鷹を召喚し状態異常を伴う攻撃を得意とする。上級職でそれぞれ犬型か鷹型に特化

    後衛は二人入れなければならないので選択肢としてはハウンドを入れる機会は多いと思います
    火力はそこそこですが対後衛のポジションではかなり活躍してくれますし状態異常付加のクラスとしても強敵戦で活躍してくれます

    厄介な技が多い頭を封じれる鷹特化が使いやすいですが単体戦力は状態異常成功率UPのスキルをもち回復役もこなえる犬特化が便利

    ●マスラオ
    カタナを武器とする生粋のアタッカー
    上級職で一刀型か多刀型に分かれる

    多刀型に進んだ際の三途渡しが強烈
    三途渡しはそのターン内に攻撃された対象(敵味方関係なく)に対し追撃すると言うスキル
    スキルの仕様上手数が多いフェンサー、セスタス、あとは召喚系のハウンドあたりも相性が良くPT編成にもよりますがPTのメインアタッカーを担える職業

    ただデメリットは多く刀の装備数で火力が左右されるため防具を最低限に抑える必要があり防御面に不安があります
    それに加えて三途渡し自体に仲間を攻撃する危険性があり使用する場面を選ぶという点。

    一刀型は汎用性が高く様々な場面で活躍できますが多刀型程の火力はなく器用貧乏と言うイメージがあります

    ●シャーマン
    支援・回復職
    上位職では純粋に補助・回復を強化した支援特化型と補助効果を解除することで強力な効果を得る特殊なタイプに分かれる

    純粋な回復役としてはハーバリストには及ばないが支援職としては随一。

    ●ハーバリスト
    薬草を用いた治療を得意とする回復職
    回復特化と状態異常特化の上位職に分かれる

    状態異常特化型は状態異常成功率アップのパッシブが有り回復をこなしつつ状態異常によるエネミー弱体化も狙えて何かと便利
    ただ純粋な回復力は回復特化がずば抜けているので安定性を重視するならば回復特化型のハーバリストを一人はPTに入れておきたい

    ●セスタス
    拳闘士
    状態異常、特に部位封じに特化したスキルを多く所持している
    コンボ技に優れる連撃型、大ダメージを狙う技に特化した一撃型の上位職に分かれる

    連撃型はマスラオとの相性が抜群に良く部位封じに成功した後はマスラオ・セスタスの2トップで大ダメージを狙える
    また純粋な部位封じ職としてもかなり優秀

    一撃型は条件を揃えることでラスボス対策の重要な職業になる

    ●リーパー
    状態異常付加特化の職業
    状態異常特化がたと支援・回復を習得する万能型の二つの上位職に」分岐
    様々な状態異常のスキルを習得するがなかでもエネミーの状態異常耐性を大きく低下させる虚弱の瘴気はこのゲームの1、2位を争う重要スキル

    状態異常を付加できるか否かで勝敗が決するゲームと言っても過言ではない為これの有無は最重要
    状態異常特化の方が当然使いやすくなるが回復を覚えたりと様々な場面で役に立つ万能型も捨てがたい

    ●ネクロマンサー
    死霊を召喚して戦うRPGで言うところの召喚士
    万能型と攻撃特化型の二つの上位職に分かれる

    使いどころが難しい玄人向けのクラス


    CIMG11531.jpg

    キャラクター作成からのPT編成が終わり装備・スキル修得・アイテムが整ったらいざダンジョン探索です
    ダンジョン探索はお馴染みの一人称視点の3D

    雑魚エネミーはランダムエンカウント式で画像にいるシンボル型の「F.O.E」というエネミーがシンボルエンカウント式のボス級(強敵)エネミーとなります
    F.O.Eにはそれぞれ行動パターンや認識範囲が個別に設定されていてそれを把握することで回避したりします
    MAP上に表示されるシンボルの色でこちらとのLv差が大雑把に分かるようになっているため差が大きい場合は逃げるのが賢明です
    大抵初見で戦闘になった場合Lvが不利ならLv差以上に厳しい戦いになる場合が多いです


    CIMG11541.jpg

    世界樹の迷宮シリーズではMAPの作成が自分で行うのが恒例みたいです
    最初は「え~~MAP作成自分でやるとか面倒ですなー」って思っていましたけど心氏の言ってたように慣れてくるとなかなかこれはこれで楽しいです

    ただここで注意点が一つ
    初回到達時は「むやみやたらと書き込まない」ことが重要です

    この世界樹の迷宮ではMAPを描き込んで評議会に報告することで認定されたMAPの階を飛ばして町から直接任意の階を選んで探索を始められるようになります
    このMAP認定の際のMAP描き込みの判定は概ねオートマッピングの範囲で行われるため無駄に描き込むとマイナス対象になり認定されにくくなります

    一度上の階に行って評議会でMAP認定されれば以降はどんなに描き込んでも認定は取り消されないので書き込みたい場合は認定後に行う事をオススメします


    CIMG11511.jpg

    RPGの花形の戦闘もまたダントラに近い雰囲気と思います
    良くも悪くも状態異常にしたもの勝ち。1ターン目で主要な状態異常か部位を封じられれば優位に戦闘が進められますし失敗すれば壊滅的な打撃を受けるでしょう

    このゲームでは頭・腕・足と三部位に分けられこの部位に関連したスキルを敵味方共通で使用するという仕様になっています
    つまり腕に設定されたスキルは腕を封じられると使用出来ないと言った感じです


    CIMG11501.jpg

    三部位を封じれば敵は何も出来なくなる、と言う事です
    ちなみに混乱でも敵はスキルを使用出来なくなるため簡易的な全部位封じとして使えます。よって混乱が有効な敵に対しては状態異常付加のスキルを持った職業をPTに入れておくことでさらに安定感が増します

    ちなみに状態以上にかけた後は状態異常が治るまでに倒しきる火力が必要になります
    一度かかった状態異常には耐性が付くからです。一方的に攻撃できる状態ですら倒しきれる火力がない訳ですから治るまで倒しきれなかった場合は素直に力不足と言えるでしょう

    また状態異常に失敗した場合はダントラと同じように容赦なく即死級の全体攻撃などを使用してきます
    そうなると大抵の事では体勢を立て直すことは難しいので全滅は免れない・・・・となるでしょう

    ただこの世界樹の迷宮Ⅴ、ダンジョンでのセーブは出来ない代わりに一度目だけは死んでも死ぬ前のバトル開始直前に戻れる機能があるので負けたらアイテムの「アリアドネの糸」を使用して街に戻りそれまでに得た経験やアイテム等を確保しつつセーブできます
    「アリアドネの糸」を忘れたら?その時は状態異常にかかるのを運に任せて頑張るしかないですね
    失敗すれば私と同じように最悪数時間の努力が泡と消えるってだけです
    敵の配置や場所等戦闘開始前の状況次第ですが基本的には歩いてダンジョン脱出可能です


    という感じで全体的にはダントラに近いかと思います
    ダンジョンに関しては攻略本なりwikiなりを見ながらじゃないと勧められたものじゃないダンジョン構造のダントラに対しわりと素直な構造で一部を除けば自力で進められる世界樹の迷宮

    戦闘関連は似ていますが長期戦覚悟のダントラに関し上で話した要素の為短期決戦型の世界樹の迷宮Ⅴ
    ダンジョンでいつでもセーブ可能なダントラに対し一度だけリトライ可能な分ダンジョンでのセーブは(セーブポイントを除いて)出来ない世界樹の迷宮Ⅴ、と言ったところでしょうか

    細かな点を挙げればもっと差はありますがダントラを楽しめたなら楽しめる要素は似ているかと思います
    大きな差はダントラと違ってちょっとしたエロ成分が一切ないこととボリュームに関してはダントラが圧倒的という点くらいでしょうか

    それでも百時間以上は楽しめる内容があると思いますし興味を持ったなら買って損はないと思います
    現在はSAOプレイしていますがそれを除けば今年でマインクラフトに次いで嵌ってプレイしたゲームと言えます、オススメ!





    スポンサーサイト

    2016/11/08 18:13 [edit]

    category: ゲームその他

    tb: --   cm: 0

    コメント

    コメントの投稿

    Secret

    訪問者数

    プロフィール

    最新記事

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    最新コメント

    PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

    最新トラックバック

    検索フォーム

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    ▲Page top