vlcsnap-2016-01-23-04h44m18s357.jpg

ふたりはプリキュア
プリキュアの初代作品です

過去の作品になればなるほど子供向けの内容になるようなイメージが強くてずっと最近のものから優先してシリーズを観てきましたがシリーズをを通してどれも面白い物ばかりでしたしそろそろプリキュアが不動の人気を得るきっかけになった初代作品を観てみるのも良いかなと思い今回は思い切ってこれを観てみることにしました

子供向けの作品に興味を全く持っていなかった時にですらこの初代のOP曲は記憶に残っていたくらいなので放送当時どれだけ人気があったか伺えますね


vlcsnap-2016-02-15-22h56m13s834.jpg

美墨なぎさ(CV:本名陽子)
本作のメイン主人公。
ベローネ学園女子中等部に通う中学二年生

運動能力抜群で所属するラクロス部ではエースとして活躍している
ただウィンタースポーツ、水泳は苦手など得手不得手にはかなり偏りがある

茶髪のショートヘアと言う外見通りにボーイッシュな性格で女子から人気が有りラブレターも頻繁に貰っている
ちなみに異性からはモテない様子

負けん気が強く活発な性格である反面、対人関係には臆病だったり問題に直面する度悩んだり落ち込んだりするなど繊細な一面も持ち合わせる


vlcsnap-2016-01-23-05h04m01s188.jpg

雪城ほのか (CV:ゆかな)
本作のもう一人の主人公

おっとりとした性格で礼儀正しくまた整った容姿も相まって異性からの人気が高い
学業では常に学年トップの成績でクラス委員も務める
また好奇心旺盛で博学な事から「薀蓄女王」のあだ名を付けられている

学業方面での優秀さが取り上げられることが多いが運動が苦手な訳ではなくなぎさが苦手なウィンタースポーツで一般以上の腕前があるなど運動能力に関しても良い模様

基本的には常識的だが好奇心旺盛な部分が強く不思議な事には危険が伴っても首を突っ込みたがる一面も。
やや天然な面もあるが芯の強さを持ち合わせ外見に反して精神的にタフ


vlcsnap-2016-01-26-23h48m25s471.jpg


キャッチコピーは「女の子だって暴れたい」
可愛い女の子が変身して可愛いコスチュームを着て素手で闘う戦闘スタイルなど後続のシリーズに受け継がれた多くの要素がすでに盛り込まれています

プリキュアと言えば変身したあとは変身前とがらりと印象が変わる最近の作品に対しこの初代ではさほどイメージが違わないのが逆に新鮮でした
最近の作品だと髪型や髪の色までもがらりと変わるので変身前と変身後で好き嫌いが変わってしまう程です


ストーリーに関しても決して子供向けで幼稚な内容と言う訳ではなく最近のものと変わらずしっかりとした構成で一話一話ごとに
何気ない日常生活、人間関係を題材にした話は共感できるものも多いです

またプリキュアはシリーズを通して恋愛要素は抑え気味に描かれていますが「ヒロインものではなくヒーローものだから」という公式設定があるので納得です
もっとも○○が好き、と明確になっている分他のプリキュア作品に比べれば恋愛要素は強めと言えるかもしれません



vlcsnap-2016-01-23-04h50m01s236.jpg


最近の作品よりも表情が豊か、・・・・・と言うか表情が崩れやすいのも特徴的ですねw
他の作品での真面目・常識的な立ち位置のほのかでさえ割と頻繁に表情が崩れます

ちなみにこの画像の回、第38話「ガッツでGO! 亮太のお使い大作戦」は弟役の高橋直純さんが体調を崩された時なのですがなぎほの率が高く内容は最高の回でした
それだけに声が気になって集中して見れないのは少し残念

観れば分かるのですが「あれ、声優変わった?別の人が演じるようになったの?」と言うレベルでしたからね

DVDで修正されていればまだ良かったんですけど、結局あのままの声でしたから(汗
声優がいかにデリケートな職業であるのか実感しましたね


vlcsnap-2016-01-23-04h57m37s331.jpg


ブラックがピンチに陥った時のホワイトの隣から壁をぶち破ってのドリルキックetc,etc,本当に純粋な1話としては見所が多く神回だと思います

ちなみに見えそうでも絶対にホワイトのあれは見えません
設定資料で「ホワイトは見せない」って明記されています。設定的には下にレオタード着用ってなってるらしいです。レオタードなら見せても良いと思うのに

子供向けの作品で下着の描写にはどこかの団体さんが五月蠅いですしそれを考慮してなのでしょう
もともとそう言うのを期待して観てるわけじゃないので良いのですけどでもレオタード程度なら(ry


取り敢えずこの初代プリキュアで一番大きく感じたところは主人公二人が魅力的って言うところと二人の関係性が良い、と言う二点ですね
初代プリキュアでは人数が二人に絞られていて「二人でいないと変身出来ない」部分が最近の作品とは最も大きく違う点です

その為自ずと二人の関係の描写が多くなりますしスポットライトも二人に当たりやすくなる分、家庭環境や友人関係などまでかなり掘り下げて描かれています

二人で変身と言う設定もいちいち変身の度、必殺技の度に手を繋がないといけなかったり流石「百合キュア」と呼ばれるだけの事はあります
その手の萌えが必然的に多くなり子供がどう感じたかはともかく大きなお友達が喜びそうな設定だなと思いましたw

二人でないと変身できない点には敵も早々に気が付き変身前に容赦なく攻撃したり二人の仲が悪くなるようにあれこれ工作してきたりとヒーローもののお約束の「変身の邪魔をしない」等をスルーなのも面白いですw

総評すると最近の作品に通じる点も多いけどどこか違う作品って感じです
未だにプリキュアは初代が好きと言う根強いファンがいるのも頷けますね、私もようやく全話観ましたが面白かったです

後はSplash Starを観ればプリキュアシリーズコンプリートです
観ただけで感想を書いていないシリーズもあるのでジョジョに書いていかないとですね





スポンサーサイト

2016/02/26 01:44 [edit]

category: プリキュア!

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top