こんにちは~
えー前の更新から少し間が空きましたがお蔭でようやく体調もほぼ万全に戻りつつあります
一番問題だった吐き気自体は一日休んで治ったのであとは病院に行かずに治したため理由は分からないですが症状的には夏バテか軽い熱射病と言ったところでしょうか

最近は見違えるほど涼しくなってきたので有難い限りです
今年は本当に暑い日続きだったのでもう暑いのは結構です


さて今回は久しぶり(?)にアニメの記事を書きたいと思います
PSO2に復帰してからは案の定と言うかアニメを見る時間の確保が難しいですが毎日少しずつ観ています




今回紹介するのはスマイルプリキュア!
元々は少人数でのプリキュアになる予定だったようですが前年に東日本大震災があり少人数ではなく手を取り合って助け合う姿を描くために五人と言う編成に変更されたようです

作品のテーマは「いつもスマイルでいれば、ハッピーな未来が待っている!」「笑顔」
このテーマも被災者の方々への「未来に進むためには決して笑顔を忘れずに絶対にあきらめない気持ちが必要だから」「番組を見た人達が毎日笑顔でいられるように願って」と言うメッセージが込められている





こう言った世間の情勢に配慮した作品のテーマを反映させたり出来る作品と言うのも個人的には素晴らしいと思います
これも何シリーズも続く人気シリーズで一年をかけてじっくり作品を描けると言う前提があればこそですね

一時的な人気だけで12~13話で終わってしまう最近の大人向けなアニメではこうはいきませんよね


2015-09-02-07h00m11.jpg

主人公の星空みゆき(CV:福圓美里)
おっちょこちょいで慌てん坊、不器用で勉強をはじめ苦手な事も多いが、決して諦めず前向きに頑張る明るく元気な普通の女の子と言う従来のプリキュア主人公像通り描かれています
自分も含めみんなでハッピーになるために頑張っている名前通りのキャラです
口癖は「ウルトラハッピー」不満な事があったりすると「ハップップー」と言いむくれる

常時からテンションは高めで周りが引いてしまう様な行動も時折することからアホの子に見える場面もあるが繊細で傷付きやすい一面もある

絵本やおとぎ話が大好きで意中の人はピーターパン、愛読書はシンデレラ
絵本が好きな理由は「ハッピーエンドが約束されているから」と一話で話す場面があるがドキプリで触れた幸福な王子のようにバッドエンドの作品も実際は少なからずある

キュアハッピーと言う事もあり「幸せ、ハッピー」にこだわっているが自身は意外と不幸体質
ただ持ち前の前向き思考と泣くと幸せが逃げる的な考え方から笑顔でいることを忘れない


2015-07-29-21h57m34s.jpg


EDでもさりげなくそれが強調されていたりする
顔面トスをしたあとにも笑顔(もっともこれは顔面にボールをぶつけてしまったあかねに気を使ったのかもしれませんが)

ちなみに上の笑顔大好きだったりします
やっぱり良いですよねー笑顔の主人公。使い古された設定ですが笑顔で頑張るキャラをみると元気が貰える気がします


スマプリでは転校初日の自己紹介で助け舟を出した


2015-09-02-07h01m08s.jpg

日野 あかね(CV:田野アサミ)
熱血なオレンジカラー(あえてレッドにしなかったのはレッドだと戦隊ものでのメインを連想してしまうためハッピーとの区別のため、とある)

常識人でツッコミ担当。
お笑いが好きで自身も人を笑わせるのが好き


2015-09-02-06h52m42s.jpg

黄瀬 やよい(CV:金元寿子)

引っ込み思案で泣き虫だが本来は明るく無邪気な性格で約束は必ず守ると言う芯の強さも併せ持つ
漫画や絵を描くのが好きでレベルも高いが恥ずかしがり屋なので自分からは見せない


2015-09-02-07h01m40s.jpg

緑川 なお(CV:井上麻里奈)

姉御肌でめんどう見がよく、爽やかな性格で同性からも人気がある
正義感が強く、曲がったことは許さない性格で理不尽な物言いに対しては強く反論するなど度胸もあるため番長と言われたこともある


2015-09-02-06h51m30s.jpg

青木 れいか(CV:西村ちなみ)

才色兼備で、責任感が強く、また立ち居振る舞いも上品なため生徒たちの憧れの的になっている
この手のタイプではもはや定番だが怒らせると怖い

適応力と洞察力に長けており、物事に冷静に対応出来る一方で古風な家庭環境からか天然ボケな一面もありまた真面目すぎて思いつめてしまう面もある


上の四人をみゆきが一緒にプリキュアをやろうと誘う事で五人編成のスマイルプリキュア!が結成されます

ストーリーはお馴染みどこぞの国の妖精さんが国を守るためにプリキュアを探しにきて運命的に出会う~的な流れです
子供向けのアニメですし複雑な設定にすればいいと言うものでもないので根本的な部分は分かり易さ重視なのも良いと思います

そう言った部分とは裏腹にストーリーは全般を通してなかなかしっかりしています
フレプリ以降の作品は大人が見ても楽しめるようなストーリー性があって観ていて楽しいですね
特にこのスマプリでは人生の教訓とも言う様なメッセージが各話に巧みに込められているのですがそれが秀逸

物語の佳境で五人は生死が関わる大きな選択に立たされます
それは「大切な友人のために命の危険を顧みず助けにいく」か「プリキュアをやめ普段の日常生活に戻る」かの二択
正直プリキュアを観る本来の層の子供が分かるかと言えば難しいと思います

製作側はこの内容を通して大切なことは自分で選ぶことの大切さを描きたかったと語っているのを目にしました
むしろ子供よりも大人の方が感じ取るものが多いのではないのでしょうか。私はそうでした
正直小学校の道徳の授業よりもスマプリの方がためになる話が多きがします。もういっそ授業でスマプリ流せばいいんじゃね?と思いたくなるレベルです

レビューで本作は誰でも少しは得るものがある作品と話している方がいましたが私も完全に同意見です

本当のことを言うとキャラの時点では地味とおもっていたんですよね、スマプリ
キャラデザは5、5GoGoの川村敏江さんが担当していますが正直キャラの立っている度合いは完全に5の方が上だな、と

ただ性格設定やテーマなどによるキャラの肉付けが上手いと言いますか見終わる頃にはスマプリの方が好きになっていました
基本的にキャラ重視の人なのでそれを逆転させたと言う事がスマプリがいかに良い作品だったかと言う証明のようなものです

少しでも興味を持った方がいたら騙されたと思って一度観て欲しいですね


           ↓ スマイルプリキュア関連作品はこちらから ↓


スポンサーサイト

2015/09/02 07:40 [edit]

category: プリキュア!

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top