Wed.

ブログ再開!  

今日からまたブログを本格的に再開しようかなと思います
まぁ本格的にと言っても今まで通りに週1~2回程度ですけどね

さて今回記事にするのは限界凸記モエロクロニクルです

ゲームが好きでまめにゲーム雑誌をチェックしている方なら一度は目にしたことがあると思いますが色々とやり過ぎていて痛いあの作品です(笑)

購入を決めたのは相変わらず萌えるキャラが多い(可愛いイラスト)と言うところと嵌っているゲームがなくて取り敢えず暇を潰せるゲームが欲しかったため、です
決してパンツとかエロ目的ではありますよありませんよ?

正直フリーダムウォーズが出るまでの一か月ちょっと暇を潰せる程度の軽めのノリの作品が欲しかったので丁度良い作品だったと言えます


ここからはゲーム紹介になりますがかなりやり手を選ぶ作品ですしCERO:D(17才以上対象作品)と言うことも踏まえて追記で記事を書きたいと思います

下ネタやエッチぃ描写が苦手と言う方はUターンで。
それ以外の興味がある方やそういう描写を毛嫌いされない方は追記を読み進めて頂ければと思います


ゲーム紹介はこちら
 ↓    ↓    ↓




2014-06-21-234759.jpg

限界凸記モエロクロニクル

コンパイルハートさんから発売されている3DダンジョンRPGです
萌えとお色気を前面に押し出した感じの作風なため一般の方や女性の方は正直ひいてしまう方も多いと思いますが作品の出来としてはかなりの良作です

純粋な3DダンジョンRPGとしての出来も良く毛嫌いしてしまうのは勿体ないなと思ったため記事にしようと思いました

まあ正直こすってつまんでパンツを穿かせるRPGと言うキャッチーからしてもうどうなのよと思ってしまう部分はありますw

ストーリー部分や敵、仕様などなど細部に至るまでご丁寧に下ネタ満載な作りになっていますので本当にそう言うのが苦手な方は覚悟をしていた方がいいです

それではいきますよ?


2014-06-22-081128.jpg


探索時の通常画面はこんな感じです
一般的なダンジョンRPGと同じですね

オートマッピング機能有、その場での振り向き、平行移動など欲しいものは一通り揃っておりプレイ時の不満は少ないです
難易度も常にオプションから選択出来る親切設計なのも○

戦闘はエンカウント式
若干エンカウント率は高めの気がしますが煩わしい場合はオート戦闘もあります


2014-06-22-081028.jpg


戦闘での選択は主人公(イオ)は煩悩ポイントを溜める「ためる」が基本行動になります
これは対となる「だす」コマンドで対象のモンスター娘(以下モン娘)を選ぶことでそのモン娘を強化する事が出来ます

モエクロで「アイテム」を使用出来るのは主人公のイオだけになります
通常時はさほど使う機会はありませんが対モン娘(ボス戦)では重要です

あとは「見守る」。文字のごとく何もしないコマンドです
使い道は煩悩ポイントが一定値まで溜まった後の維持のためです

「逃げる」も主人公しか選べないため選択は早め早めにしないといけません
成功率も先制時と装備アイテムで調整していない場合以外はあまり高いとは言えないので苦手な敵や格上の敵と出会ってしまった場合は取り敢えず選んでおくくらいでもいいかもしれません
ダントラと違いどこでもセーブ出来る訳ではないので全滅は大きなロスです

次はモン娘の選択できる行動になります
基本戦闘は主人公は後ろに下がっていて女の子であるモン娘が戦います

正直かっこ悪いですが非戦闘要員なイオでは仕方がないのでしょうか。。。。。w
モン娘が一生懸命イオを守って頑張っているときに後ろに下がって悶々と煩悩し続けていると考えると。。。。。。まあ仕様だと割り切って深く突っ込まないことにしましょう

肝心のモン娘の行動は「攻撃」「スキル」「防御」「甘える」、の4つです
「攻撃」はRPGの基本通りです

このゲームにおいて重要なのは「スキル」によるオーラアタックです
スキルは一般的なゲームでの必殺技です。SPポイントを消費することで使用します

火属性が弱点の敵に火属性のスキルで攻撃することでオーラアタックが成立しこれを続けて行うことでオーラコンボが成立していきます

オーラコンボのコンボ数でアイテムのドロップ率上昇と
画面左上のオットンと言う生物の隣に「怒」という文字が表示されていますがこのオットンと言うキャラの怒りゲージの調整でモン娘をパワーアップさせる事も出来るためこのゲームの戦闘においてはオーラアタック、オーラコンボが最も重要になります

その理由を説明するには一度モン娘の萌え属性についてに触れないといけないので後述しようと思います

残り二つは「防御」と「甘える」
防御は説明なくてもいいと思いますw

もう一つの甘えるは主人公イオの煩悩ポイントを大幅に上昇させる事が出来ます


2014-06-22-081201.jpg


前述の萌え属性についてになりますが萌え属性はモン娘に1~2個設定されているキャラ固有のアビリティの様なものです(上二つの萌と書いてある二つのスキルです)

前述の怒りゲージでのモン娘のブーストはこの萌え属性が重要になります

例えば「ドS」と言う萌え属性がありますがこの属性はドSの萌え属性所持一人につき怒り頂点時にPTの攻撃力が+50%になります
単純に二人ドSの萌え属性を所持していれば怒り頂点時にPT全体が攻撃力2倍、と言うことになります

同じ効果でも問題なく重複するため優秀な萌え属性持ちでPTを固めるとダンジョン探索が捗ります
もちろん好みのモン娘でPTを選出するのもありだと思います

ちなみにオットンの怒りゲージはMAX時にさらにオーラアッタックをすると自分で攻撃してストレス発散してしまうので
怒りゲージMAXを維持するには敢えて弱点属性以外のスキルで攻撃する、オーラ設定のない通常攻撃をする、などでの対処が必要です

敵がまだ多い場合は怒りゲージを維持した方が結果として敵の殲滅が早くなりますし敵の数が1~2匹であればオーラアタックで弱点を突き、そこからオトンの攻撃で全滅を狙うなど状況によって選択肢がいくつもあります

後半になるにつれ敵の攻撃が厳しくなるのでスキルで行動を遅らせたり麻痺させたりとそういう選択も増えますが状態異常スキルには属性はついていないためどのタイミングにオーラアタックでオーラコンボを稼ぐか、敵の行動やスキルを防ぐための状態異常スキルはどのタイミングでどの敵に使用するかなど意外と奥深い戦闘を楽しめます

ちなみにこのスキルなどもモン娘によって、またモン娘の衣装によって違うのでPT選択でも自分なりのPT編成で良い意味で悩みます


2014-07-16-151351.jpg


衣装変更は宿屋での着替えから行います
まぁ着替えっていってもパンツ穿き替えると言う設定なのですが・・・・w

スキルは各パンツごとに8個ありモン娘、パンツごとに傾向が全く違うのでPT編成に応じて変更すると良い感じです
穿き替えるとスキルを一から覚えなおしになりこれには結構手間がかかるので前もって宿屋待機組のモン娘は使いたい&使う予定のあるパンツに穿き替えさせておくのが良いと思います

探索して戻ってくる間に勝手に覚えてくれるので楽です

ちなみのこの部屋でモン娘のペット契約と言うものも出来ます

ダンジョン探索で仲間になったモンスターをペットに選択することで戦闘時にモン娘の行動に合わせてそれぞれの行動でモン娘を支援してくれます
毎回ではないですが選択によっては頻度は低くないので重要です


で、色々と重要なモン娘ですが仲間にするにはダンジョン探索で撃破後、萌えキュンスクラッチを成功させる必要があります
普通に撃破すると仲間にならず逃げてしまいます

仲間にするには戦闘画面左上のオットンの興奮ゲージをMAXにする必要があります
モン娘は本体+撫衣(部位)から成っていて本体への攻撃&撫衣破壊によって興奮ゲージを上昇させられます

モン娘戦ではオットンが興奮する度にいちいち怒りゲージが消えてしまうので単純に火力重視で攻めていいと思います
ゲームを初めてwikiとか見れば追々わかると思いますが「気合を入れる」→「絶許」で大抵撫衣は一回で破壊出来るので余程の事がなければあっさりと胸キュンスクラッチに移行出来ると思います


2014-05-26-0444111.jpg


この画面が胸キュンスクラッチになります
ここでそれぞれのモン娘の弱点をこすったりつまんだり(どこをとは言いません)して左のゲージをMAXにすれば成功でモン娘が仲間になります

ここで一つ注意が必要です
このゲーム自体外出中にやるようなゲームではないと思いますが胸キュンスクラッチ中には特定の条件を満たすことで裸フラッシュと言うモードに移行します


2014-06-04-0757521.jpg


このエッチぃ画面の事ですね
このモードで行う操作がVitaを縦長に持って上下に激しくこする(タッチスクリーンと背面パッド)というものなのです

このVitaを縦長にもって上下に激しくこすると言う行動は周りから見るとおまわりさんを呼ばれかねない変質者行動に見えるので
モン娘戦は外出中は控える方が無難です

裸フラッシュのところだけでもエロゲと勘違いされかねないですね。。。(汗

この裸フラッシュもこの手のゲーム好きには重要な要素だとは思いますのでないと困るんですけどね
楽しみたい方は自宅でごゆっくりどうぞwと言うことです

何やら7/22のアップデートでポイント消費なしで無制限にこのモードを楽しめるようになるらしいのでこちらをメイン目的で購入する方も安心(?)して楽しめます


さて気を取り直して
このゲームはやりこみ要素もちゃんと用意してあります

単純にゲーム難易度を上げることでも全滅の危険と隣り合わせのスリルある戦闘バランスを楽しめますしゲームクリア後は封印区と呼ばれるそれまでは入る事が出来なかったエリアに入る事が出来ます

封印区では強力な雑魚エネミーとモン娘がいてその分だけ強力な装備を入手する事も出来ます
このゲームはクリアしてからが本番、と言ってもいいと思います

私はゲームクリア後に本格的に始めたタマゴシステム
上の宿屋でのモン娘の部屋で行う事が出来るこのシステムですが
仲間になったモンスターとアイテムを組み合わせることで新たなアイテムを作りだすと言うシステムです


2014-07-13-145834.jpg


上のSSを見て頂くと分かるかと思いますがこのゲームの装備は
「賢者印」「剛健のバングル」「+7」という形で構成されています

剛健のバングルが素体でそこに「賢者印」という付加効果が付与された「Lv7補正」の装備アイテム、と言うことになります

強敵」というシンボルマークに触れての戦闘でもオーラコンボに応じて入手する事は出来ますが如何せん入手自体がランダムと言うのと後半の敵はなかなか強敵でコンボを狙いにくいという二点からタマゴシステムでの装備作成が楽でかつ実用的です

もちろん強敵戦でしか狙えない装備もありますのでオーラコンボは積極的に狙っては行きたい所ですね


タマゴシステムであれば「モン娘」と組み合わせる「仲間モンスター」から出来上がる装備が決まっており付加する印も4種類の中からのランダムですがある程度的を絞ることが可能です

また宿屋で作成を試みて失敗したら宿を出て「設定からのタイトルに戻る」で何回でもやり直しがきくのもメリットです
ある程度納得出来るものが出来上がるまで粘って出来上がったらセーブ、の繰り返しで簡単にPTの装備をそろえる事が出来ます

一応私のメインメンバー装備も上げておきますね


2014-07-13-145903.jpg
2014-07-13-145940.jpg
2014-07-13-150014.jpg
2014-07-13-150048.jpg


基本的に好みのモン娘中心で構成されていますw
その割にはスキルや萌え属性の構成はマシな方かなと。

衣装は露出とPTバランスの兼ね合いで調整してます(笑)
装備は本当にやり込んでいる方々からしたらまだまだでしょうね

フリーダムウォーズやPSO2のTAもしながらだったので妥協している部分は多いです
まだ続けていくと思うので自分なりの理想の装備にしてあげたいですね


こんな感じです
少なくともエッチな要素があるゲームには期待出来ない、と毛嫌いしてしまうのは勿体ない作品だと思います
ダンジョントラベラーズが楽しめた方ならそれなりには楽しめると思います

あちらの方がやり込みや戦闘での試行錯誤等ゲーム部分では上ですがこちらはその分敷居が低くライトユーザーでも楽しめると言ったところでしょうか

あまり考え込まず気楽に楽しめる軽めのノリも個人的には好印象です

敢えて言うならストーリーとかモン娘とのイベントとかはシーンが似たよりばったりなのでもうちょっとバリエーションが欲しかったかな。。。。w


スポンサーサイト

2014/07/16 17:40 [edit]

category: ゲームその他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top