Fri.

あけまして2017  

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

これが何事もなく書けると言うだけでも幸せな事ですねー
来年もこうあるように今年も一年頑張りたいです


さて話は唐突に変わりますが「神ゲー」を求めるゲーマーとしてそう言えばこのブログでは特に私にとっての神ゲーについて特に触れてこなかったなーとチラッと思いました
四年以上やっていて気が付いてなかった、ゲーム主体のブログだったのにねぇ

と言う事で私が思う神ゲーリストを書いてみようかと思います


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


私が思う神ゲームの条件は第一にジャンルは問いませんがそのジャンル(カテゴリー)でのバランスやゲーム性が絶妙であること
二つ目はやり込み要素のボリュームが多い事

アバウトに書くとたったこれだけの事なのですが未だ私が思う神ゲーには滅多にお目にかかれません
今までには本当に神ゲーと思えるものには出会えていませんがこれは神ゲー一歩手前と言う作品を紹介していきたいと思います


第一位
ファンタシースターポータブル インフィニティ

20111012120637改
20111019013506.jpg


PSPで発売されたファンタシースターシリーズの作品

当時の携帯機ではトップレベルの画質で広いマップを複数のプレイヤーでマルチプレイできる個人的には画期的だった作品
オンラインを気軽にプレイ出来たのも魅力の一つでした

ファンタシースターオンラインにも受け継がれたキャラクリのレベルの高さはこの頃から十二分に体験できました(流石にPSO2ほどではないですが)

ボリュームは凄まじく突き詰めれば数千時間も当たり前の内容で夢中になって求める武器をひたすら掘り続けるそんな毎日が楽しくて仕方ない、そう感じた最高の作品です
ゲームとしてのバランスもそれなりによく長く楽しめる作品になってます

これキャラクリと画質にだけ手を加えてVita移植とかやってくれればマジで神ゲー
多分出たら他のゲームやる必要なくなりますマジで。


第二位
Minecraft(マインクラフト)

2016-01-23-054501.jpg
2016-12-05-195527.jpg

海外のゲームですがこれまた膨大なやり込み要素を備えたゲームです
ブロックで構築された世界で思うがままに好きなプレイをすると言うシンプルな内容ながらPC版では様々なMAD等で莫大なプレイの幅が広がりつつあります
PS等のコンシューマ版でも建築や農業、レッドストーン回路を用いた様々な施設の開発、ダンジョンの冒険等々楽しみ方は色々あり人それぞれで長く好きな遊び方が出来る作品になっています

現状ではPSPO2iに並んで最も神ゲーに近い作品と思ってます
こちらは影MODまでいかなくてもそれなりにVitaの機能を生かした高画質なグラフィックのテクスチャ配信がされるか
ワールド拡張(2000×2000)くらいまでなれば文句なしに神ゲーと思います

ちなみに私が割とこだわって何回も言っている影MODとはグラフィックの表現が格段に美麗になるシェーダーのことです
PC版で導入することが出来ます
実際に導入するとこんな感じになります


minecraft_seus_v11_0_5.png

最早別ゲーーーΣ(´Д`lll)エエ!!
このグラフィックまでは求めないですけどVitaの機能を最大限生かしたグラフィックでプレイ出来たら本当に神ゲーだろうなぁ・・・


第三位
モンスターハンターシリーズ

「狩りゲー」と言うジャンルを確立した説明不要なタイトル
特にPSPで発売されたモンスターハンターポータブルはその当時は凄まじい衝撃を受けました

手軽に持ち運びできる携帯機で友人と集まりながらマルチゲームで皆で協力してプレイヤーの数倍、数十倍はある獲物を狩る
これが楽しくない訳がないです

最近はマンネリしてきた感じがありましたがX(クロス)によって新しい試みがされまた一歩神ゲーに近付いた気がします
全然最近情報ないですが今もっとも期待しているタイトルと言えます


今のところ神ゲー一歩手前までしかない(個人的に)ので今年こそは一本は神ゲーが出ると良いなーと期待しつつ今年もゲーム頑張ろうと思います

取り敢えず良作くらいはレビューで応援できるようにブログも頑張りたいね

スポンサーサイト

2017/01/13 20:41 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0
こんばんはー
今年の冬は雪が降らなくていいな~って思っていたら結局数年に一度の寒波が来ているとかで一気に雪景色になりました
一面真っ白、ただただ寒い

で、夏になればまた平均気温更新って言うんでしょ?勘弁して欲しいですねー


                                            




つい先日に観たとお話ししたアイカツ! ミュージックフェスタ COMPLETE LIVE BD-BOX

前にも話したように内容は素晴らしくてアイカツ!が好きなのは当然としてアイドルユニットとしての
STAR☆ANISやAIKATSU☆STARS自体も好きになりました

そこで今まではあまり興味がなくほとんど知らなかったのでどういう方たちなのか興味を持ち歌唱パート担当「アイカツ!の歌のお姉さん」たちの事を自分で少し調べてみました



調べてみると彼女たちの置かれている立場と言うか環境はあまり芳しくないようです
アイドルなどに限らず声優でもメディアへの露出は人気な方であればそれなりにあるのにも関わらずアイカツの歌のお姉さんに関しては圧力がかかっているのかアイカツで○○のキャラを担当している、と発言することがNGとされているようです

その為かメディアなどで彼女たちを見かける機会は本当に少ない
LIVEの映像を除けばCDのパッケージくらいでしか見たことがないと言う方も少なくないのではないでしょうか


アニメの主題歌や挿入歌などで人気が出ることなんてよくありますしそれが起爆剤となって一気にメディアの露出機会が増えたり活躍の場が増えることは最近ではそんなに珍しくない
そんな一つのきっかけをつくれる場が制限されると言うのはかなり厳しいことと思います

アイカツ!でのLIVEの重要性を考えればそのLIVEに歌と言う命を吹き込む欠かせないポジションであるにも関わらずそういう制限を受けなければならないのは恐らく彼女たちの所属している組織ゆえに、と言う感じがします

STAR☆ANIS、AIKATSU☆STARSの彼女たちが所属している組織は秋葉原ディアステージと言う会社です

どういう会社なのかと言うと概要で株式会社モエ・ジャパンが運営するライブイベントスペース及びバー、とあります
恐らくこのバーと言う部分がキッズアニメであるアイカツ!製作サイドからは好ましくないのだと思います

サラと調べてみた感じでは所属しているアイドルユニットの娘達とも会話したりできるようで言い方が悪くなりますがバーと言うこともあり形式的にはホステスと言う事になります
「ホステス」となるとさすがに一般的な家庭でのイメージは良くないでしょう

お茶の間で子供たちと一緒に観るアニメ番組の制作に携わっている、しかもキャラの歌を担当するお姉さんがホステスと言うのは流石に良く思わない方がいるでしょう
とくにそういう事に五月蠅いPTなんちゃらが騒ぐのだけは製作サイドとしてはどうしても避けたかったのではないかと簡単に想像が出来ます

直接行ける訳ではないですし移転もあって今がどのような営業形式なのかまでは詳しくは分かりませんがぱっと一般人がWikiなどを調べるとこういう感じの情報に行き着きます


私個人としては好きなアイドルが所属している飲食店(ライブなども観れるみたい)で推しの娘と会話も出来るって最高か!って感じなので東京近辺に住んでたら応援も兼ねて通いたいくらいです
一般もそういう感じで受け入れてくれて製作サイドもメディア露出を許してあげればもっと彼女たちが日の目を浴びる機会が増えると思うのですがこればかりは難しいでしょうね



個人的な推しはるかちゃん
先日知ったアイカツ!スペシャルLIVE2015 Lovely Party!!でのBlooming♡Bloomingやハートのメロディは最高でした
終始笑顔で歌い踊るるかちゃんはあかりちゃんの雰囲気そのままで実に可愛らしいです




上の動画はるかちゃんソロでのオリジナルスター☆彡
カメラワークも良いし他の二曲にも負けず劣らずの素晴らしいLIVEと思います

ちなみにアイドルものの宿命と言いますか男性の歓声などが入っていますので苦手な方はそのつもりで見て下さい
必要以上に入っている訳ではないので許容範囲内とは思います


後はダンスでオススメの動画は




チュチュ・バレリーナ
TVサイズのVerではありますがカメラが秀逸で短い中にもこの曲の良さがぎゅっと凝縮されています

曲も元々好きでしたがこのダンスがまたカッコいい!
これだけ歌にダンスに頑張っている彼女たちなのにもうちょっとくらいメディアに露出する機会を与えてあげても良いんじゃないかなって本当に思います

少なくとも今後発売されるLIVEのBDは絶対買いだな
本当ならLIVE会場とかにも実際に行ってみたいけど色々と難しいものがあるので仕方なくLIVE映像で我慢します

ちなみにチュチュ・バレリーナでメインボーカルのもなさんは2016のミュージックフェスタを最後に
AIKATSU☆STARSを脱退されたみたいです

花がある方だっただけにとても残念です


2017/01/20 19:16 [edit]

category: アイカツ!

tb: --   cm: 0
全体的にストーリーは単純明快で一話一話完結性の進行なので楽しいけど尾を引かない感じだったのですが最終話は涙腺崩壊しました
まあ元々涙腺緩いのでちょっと泣かせにかかられるとうるっときちゃうんですけどね・・・


2017-01-28-20h37m01s796.jpg


プリキュアシリーズでもっともあっさりやられてしまうボス、終わりなき混沌・デウスマストの手によって混ぜられて無理やり一つになってしまった魔法界とナシマホウ界
プリキュアとしてデウスマストを倒した後世界は二つに分かれることになりますが一度無理やり混ぜられた世界が分かれる際に反動で世界は遠く離れ二度と行き来する事が出来なくなる、そう聞かされていた二人


2017-01-28-20h40m00s987.jpg
2017-01-28-20h39m50s657.jpg

もうこの時点で涙腺ヤバい・゚・(つД`)・゚・

魔法界が離れていきリコも離れ離れになることに躊躇いつつも魔法界に行く決心を付ける
そこでリコが唱える再会するための魔法
私たちは必ず、絶対また逢える!

二人はまた再会することを強く誓い合う


2017-01-28-20h40m30s396.png

そしてついにくる別れの瞬間
みらいはナシマホウ界に、リコは魔法界にそれぞれ吸い寄せられていきます

ここでモフルンの語りかけが入りますがこれ、劇場版観てたらもっとヤバかっただろうね

前半パートの15分も持たずにあっさりラスボスが倒され別れた後どうするんだろうって思いましたが


2017-01-28-20h43m15s528.jpg

まさかの大学生編
元々可愛かったですしプリキュア時は大人っぽくなってたので違和感はなし、安定の美少女っぷり
姫プリとかでチラッとだけ大人になった姿は流れたこともありましたけどじっくりとストーリー進行にまで成長した姿でっていうのは初でしょう

この時の違和感軽減のための大人プリキュアって訳でしょうか?だとしたらすっごい前もって設定していたって事になりますね


2017-01-28-20h48m07s281.jpg

モフルンに導かれ十六夜の日に「杖の樹」に似た雰囲気を持つ木の前までくるみらい
そっと木に触れると魔法の杖を思わせる枝が落ちてきます

一途の希望にかけて唱える「キュアップラパパ」
しかし当然ながらもう何も反応は起きない

なんてね・・・・ばかだな、私
そう諦めて杖の木を捨てその場から去ろうとしますが祖母が話してくれた言葉が頭を過ります

素直な言葉は力になる
想いが繋がっていればそれは奇跡を起こすのよ


2017-01-28-20h50m11s637.jpg

皆に会いたい
皆とずっと一緒にいたい

そんな素直な気持ちを込めて何度も何度も悲痛なほど叫ぶ「キュアップラパパ」
しかし無情にも何も起こらない。みらいの叫び声が夜空の下に虚しく木霊するだけ

叫ぶのに疲れそっと祈るように呟いた
リコに、みんなに会いたい

-2017-01-28-20h51m33s330.jpg

お約束の木の枝が魔法の杖に変わりついに起きる奇跡

上空高く放り出されるみらい
そこで一話目と同じようにモフルンを落とす(最終話では手を離す)みらいですがそれをキャッチして一話目と同じように奇跡的な再会を果たすみらいとリコ


2017-01-28-20h52m30s337.jpg
vlcsnap-2017-01-28-20h54m12s340.png

魔法界が離れたことで話せなく戻ったモフルンも話せるようになりはーちゃんも無事再開してハッピーエンド
作画も神ってるしプリキュア屈指の神回だなこれ。

姫プリの時は若干観終わった後にもやっとしましたけどまほプリの終わり方はすっきりとした終わり方で最高でしたね

















え?終わりじゃなくて次回が最終回??(゚д゚)


完全に最終回なノリだったんですけど・・・・
これ明日の最終回どういう展開にするのでしょう?

49話で終わらせていたほうが綺麗な終わり方だったってなるのだけはやめて下さいよ?





2017/01/28 22:36 [edit]

category: プリキュア!

tb: --   cm: 0

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top