Tue.

塗り方の練習  


スクリーンショット (159)


人間は本来「安定」を求める生き物で変化を好まない人は多くいます
例に漏れず私もその一人です

安定したいから安定した収入を得られる仕事を求めますし安定した住まいが欲しいからマイホームに憧れる訳です
しかしイラストとなると話は変わってきます

プロや人気なイラストレーターさんともなると安定が求められるわけですが私のような初心者には上達が必要です
上達するにはそれまでに確立してきたイラストの描き方や手順などを大幅に見直す必要が出てくるわけで当然そこには変化が求められます
私にはそれが結構なストレスだったりします

慣れてきた描き方を変えることで作業時間が倍以上に膨れ上がることもざらでまた描き方を変えても思う様にはいかないことが多いです
そう言った事の繰り返しで得たものを取捨選択することでしかイラストは上達していかないと思うのですが分かってはいても心が折れそうになることもあります

そういった意味でも「見てもらう場」といったものは大切と思っています

自分ではわからないことを見つけてもらえたり単純に「良い」と評価されたりすることもやる気に直結するからです
そういった意味合いもあっていままでブログでもイラストを公開してきた訳ですが一般カテゴリーの当ブログで公開するのは少々不適切と言えるイラストも少なくなかったわけでして・・・・(汗

と言う事で今後、イラストの公開をどうしようか考えています

エロ成分ありのイラストを求めている人もいるようなので今後も追記などを使って公開していくのか
いっそ別のイラスト投稿サイトで公開したものをこちらのブログで紹介して興味ある方にだけ見に見にいって貰う形にするのか考え所です

取り敢えず試しに他の投稿サイトには完成したものを投稿してみたのでそちらでの反応次第で決めようかなって思っています


スポンサーサイト

2018/02/13 22:21 [edit]

category: イラスト

thread: イラスト - janre: サブカル

tb: --   cm: 0
だらだら書いてきたイラストの作業工程紹介も今回で終わりです
とは言っても前回の分で主要な部分は終わりましたし服や小物が残っているとは言っても
別段私自身に塗り分けるスキルがある訳でもないのでそこは端折ってイラストだけ公開しようと思います

公開する気はないってどこかで話した気もしますけど紹介に使っておいて今更って感じだし処理し忘れとかもあったりでもういいかってなったので折角ブログを見に来てくれている読者さんの為にも公開しようかと思います

前回記事とかから分かると思うので今更だけど女の子の裸を取り扱ったイラストなので苦手な人はすぐさまプラウザバック!


とは言えこのまま公開はあれなので追記に置いておきますね

エッチなイラストも平気、むしろ好きと言う方はこちらからイラスト見れます
    

-- 続きを読む --

2018/01/24 00:40 [edit]

category: イラスト

thread: イラスト - janre: サブカル

tb: --   cm: 0
今回は私が好きな肌色成分の塗り方についてです()
基本的な塗り方は髪の時の塗り方とそんなに大きくは変わりません

変えるのは塗りの効果を若干変えたいのでブラシをカスタマイズして髪用・肌用で使い分けていることくらいでしょうか

このブラシのカスタマイズが地味なようでいてかなり重要なことなのでこの「ブラシ」に関しては今後もしっかりくる最高のものを見つけるまで試行錯誤を続けていくことになるでしょうね


スクリーンショット (148)


さて本題の肌の塗り方について書いていきます
①まずは大まかな影の部分にあたりを付けて大雑把に塗り込みます


スクリーンショット (149)


②全体的なバランスを考えながら影を塗り重ねていきます
私の場合はリアルな影と言うよりも個人的な見え方が良い塗り方を優先することが多いです

もっともリアルな影の表現を理解してるとはとてもじゃないですが言えないのでまずはリアルな影の落とし方について学ぶのが先とは思っています・・

まあそれについては後々・・・と言う事で。


スクリーンショット (150)


③さらに影を塗り重ねていき最後にハイライトを入れて肌については完成となります


スクリーンショット (151)


あとはそのまま顔もセットで頬にチークを入れて唇も描き込んで一区切りです

服や小物などは苦手なので次回はサクッと通して説明して完成品の紹介と言う形で終わりにしたいと思います


2018/01/16 08:40 [edit]

category: イラスト

thread: イラスト - janre: サブカル

tb: --   cm: 0
は~いこんばんは、ゆきのんです
今回も前回のイラストの作業工程の続きを書いていきたいと思います

あ、そう言えば言ってなかったのですが今回この作業工程を紹介すると言うのは
「私がイラストを描くのが上手くなったつもりで講座のような感じでイラストの作業工程を教える」
つもりではなくて
現在の私のイラストの描き方やイラストの技術はこんな感じですがここはこうやった方が良いよ、と教えて貰う機会が増えたならいいな~とかもしくは全くイラストに触れた事のない人が「へ~こういう風にイラストを描く人もいるんだ」と一つの題材として興味を持ってもらえればと思った程度の動機です

そんな感じなので出来る限り専門用語等は避けて作業工程を紹介していきたいと思います
聞きなれない言葉を連発されるとどうしても見る気が失せてしまうものですからね

さてそんな素人の各イラスト手順その②
前回の時点で各パーツごとにレイヤー(軽く説明すると透明の下敷きのようなもの)を分けてベースの色を着色しました
そのレイヤーを基本としてレイヤーをグループ化することで
「髪の毛なら髪」「目なら目」と言った具合にそれぞれのパーツにしか着色が出来なくなります

これによって色がはみ出ることを防ぎ着色の際の効率を上げることが出来ます


スクリーンショット (140)


さっそくレイヤーを生かして目を着色します
目は口程に物を言うと言いますがイラストに置いてもそれは同じで目の印象一つでイラストに対する印象は全然違ったものになってしまうので真っ先に目を着色します

パーツとして占める範囲は微々たるものですけど私が描くような美少女系イラスト(あくまでジャンルの話)は顔が命で目も当然ながら重要なパーツの一つなので時間をかけて細かく塗り込んでいきます

レイヤーを分けていると後々気に入らなかったとしてもパーツごとに塗り直しが効くのもアナログと違う便利なところ
取り敢えずその場その場でそれなりに納得が言ったらサクサク塗り進め後で気に入らなかった場所は塗り直すというような進め方が可能です


スクリーンショット (141)


目の着色の次は髪の着色
まず初めに大まかな影を塗り全体的なバランスを決めます

その後徐々に濃い影を塗り重ねていきます
その際は初めは意識していなかった髪の毛の流れも意識して細かい部分も塗り込んでいきます


スクリーンショット (142)


最後にハイライトを入れて完成です
上手な方は本当に繊細な神の着色をされるので私もそういった方のような美麗な髪の毛の着色が出来るようになりたいです

髪の着色は一番個人的に難しくもあり好きでもあるパーツなので頑張って練習して少しでも上達したいです


一区切りつくところまで作業が進行したらレイヤーをパーツごとに合成・・・・しなかったりしたりです
あくまで気分次第です

そんな事だからいつかのようにデータが重くなりすぎてセーブ出来ずにすべて水の泡になる訳です

以後は気を付けたいと思ってはいます

今回は髪の着色まで。
時間が無いので作業自体もなかなか進まないです

それではまた次回、記事の内容については未定です


2018/01/13 00:02 [edit]

category: イラスト

thread: イラスト - janre: サブカル

tb: --   cm: 0
※1/15 レベル補正について追加補足しました

こんにちは~
久しぶりの休みを使って一日中イラスト練習していました

疲れている状態なので効率は全然なのですけどやっぱり色が塗らさっていくと徐々に命がイラストに吹き込まれていくようでテンション上がります
ただその状態まで着色作業を続けるのがなかなか難しい

前にもちょっと話したことがあったかな?
イラストを描くのは凄い好きなんだけど着色は苦手と言う話

その中でもとりわけPCでの着色が作業と言う感じが強くて苦手です
多分液晶タイプのタブレットを使えば作業感よりもイラストを描いている感じが強くなって楽しい&便利なのでしょうが
如何せん液晶タブレットは値段がお高い・・・

それでもよくイラストレーターさんの動画を見るたびにいいな~欲しいな~とはいつも思っているのでそれなりに上手く塗れるようになってきて貯金もそれなりの金額が貯まったら購入したいと思っています
下手なまま買っても宝の持ち腐れになりかねませんし、、ね



バニラ73-1


さて本題のイラスト再開について話を進めたいと思います
私の場合、大抵はノートに落書きしたものをPCにスキャナーで取り込むところから始まります

だから私のイラストは細かなところが大雑把&雑な事が多い訳です(笑)

液晶タブレットを買えば線画から多分PC上で行うようになるでしょうがいまの手書きしたイラストを取り入れる工程のものも手書き感があって個人的に好きだったりします


スクリーンショット (143)


イラストをPCに取り込む際の流れはまずPhotoshopからスキャナーを読み込みイラストをスキャンして画像として取り込むと言う流れです
上のイラストではなく趣味で描いた個人的イラストの履歴しか残ってなかったので取り込み風景はそのイラストのを使ってます

再度取り込むのが面倒だったのでご容赦を・・・w
若干趣味入っていてあれですが画像荒いし目を凝らしても見えないでしょう、多分

でPCに取り込んだ後はゴミや埃などの消し作業
基本的にはそのままフォトショで作業にしたい所ですが個人的に画像の回転や拡大・縮小等々作業のしやすさから
画像として取り込んだいたストの埃の数や入り込んだ影の範囲や場所によってはSAIに移って作業しています

そのあとは原画を微調整&修正した後、線画を抽出すると言う流れになるのですがこの部分はフォトショの方が便利な機能が多いのでフォトショに戻って作業します
元々が写真などの画像加工・編集を目的としたアプリなので画像処理に対する機能が豊富なのがPhotoshopの魅力ですね

画像を修正する際に私が良く使うのは「レベル補正」です


スクリーンショット (145)
スクリーンショット (146)


上の画像の赤丸の部分のスライダーを移動させて明るさ・コントラストを調整する機能です

私の場合はノートの落書きをそのまま使う場合が多いのでノートの線が邪魔になります
かといって手作業で全部消していたのでは時間がいくらあっても足りない

そんなときに便利なのがこの「レベル補正」なのです!
スライダーを操作するだけで特に手間暇もかからずものの数分で線を消しイラストの部分だけを抽出することが出来ます

またイラストを線画部分だけ抽出する機能も簡単かつ便利なので線画抽出もこの時一緒にPhotoshopでやってしまいます
そのあとは作成した線画をベースに着色作業に入ります

この辺りの流れはスキャナーで取り込むタイプの人は概ねみんな同じ流れと思います

ここまでの作業がPhotoshopを使っています
上で言ったように画像編集の使いやすい機能が多く線画を微調整しやすいからです(個人的に慣れていると言うのもあるかもしれません)


スクリーンショット (135)


線画を抽出したら後はSAIで本格的に着色作業に入ります
まずは取り出した線画を使って自動選択ツールを使ってさくさく選択範囲を選択していきベースの色を描くレイヤー別に塗りつぶしていきます

塗りこぼしや線画の部分は手塗りで塗りつぶしていきます
もうここから私的には作業感満点で気が滅入るころです(早い

ここまでの作業はイラストの出来を左右する重要な基本部分になると私は考えているため時間をかけて行います
私の場合は線画の部分は好き&拘りたい部分でもあるのでPCに取り込んでからの微調整やらなんやらで1~2時間ほどかける場合が多いです

以前はPCに取り込む前にコピー用紙に清書したあとペン入れしてそれから線画を取り込んでいたこともありましたが
時間がやたらかかるというのと画像処理で編集するのに慣れればペン入れしなくてもそれなりに線画として使えるレベルになることに気が付いたので以降は手書き感が好きなのも相まってペン入れはしないで取り込む今の形に落ち着いています

で上の画像がベースになる色をレイヤー別に塗り分けたものになります

今回目線入りでイラストを載せたのは一応オリジナルキャラと言う体なので完成するまではお披露目したくないと言う風に考えているからです

もっともオリジナルキャラと言っても某ゲームのマイキャラが題材になっているんですけどね
ここまで書いちゃうと昔からお付き合いいただいている読者さんにはおおよそ分かられてしまうと思うんですけどまあその当時から今も見ている読者はほとんどいないと思うのでまあこれくらいのヒントならいいかって感じです


時間がないのは相変わらずなので完成までどれくらいかかるか分かりませんしまた完成しても公開するかどうかは正直微妙なところです
マイキャラってともすれば息子や娘のようなものってよく耳にしますし私としても愛着はかなりありますしね(今更感)

取り敢えずイラストの作業手順紹介と言う形でこのイラストを使って数回は記事を描きたいとは考えていますのでお付き合いの程よろしくお願いします

それではまた次回


2018/01/10 00:30 [edit]

category: イラスト

thread: イラスト - janre: サブカル

tb: --   cm: 0

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top