こんばんはー
今日は今年初のゲーム記事を書きたいと思います

で、せっかく年が変わった訳ですからプレイするゲームも新しいものをと言う事で

この間言っていた SOUL SACRIFICE ですよ

今年3月発売予定のVitaのゲームですね
私が今年期待するゲームの一つです
今まで眠っていたVitaで発売するゲームと言うのも密かな好感ポイントでありますw

大まかにいきますがある魔法使いの体験をとある本を読む事で追体験していく、と言うのがこのゲームの大雑把な作品内容になります

とある本と言うのは






2013-01-04-141644.jpg


こんっの気持ち悪i・・・・・・

失礼。
お世辞にも可愛いとは言えないちょっと特徴的な顔をしたリブロムと言う自我を持った話す魔法の本のことです
見た目はアレですがお茶目で憎めない感じの性格をしてますw

このリブロムに描かれた魔法使いの体験を追体験していく訳ですがそこ以外も全てこのリブロムで行うと言うのがちょっと変わった設定になってますね

プレイヤーキャラクターの名前や容姿、ゲームに関わるステータスなどのカスタマイズ等全てリブロムを読む事で行います


2013-01-04-141813.jpg


例を挙げるととこのゲームの一番重要な部分である魔法(供物)の設定です

代償と言った魔法を使う為には何かを失わなければいけないという設定上、この供物が必要になる訳ですね
当然物を消費して魔法を使用する訳ですので写真を見て貰えば分かる通り魔法には使用制限があります

この存在が思った以上にきつくモンハンやゴットイーターシリーズの様に何も考えずに攻撃していると簡単に行き詰まります
最悪の場合、敵前にて攻撃手段が無くなるという状況もあります

個人的にここの設定はぎりぎりすぎて快適なハイスピード魔法バトルの邪魔をしている気がしましたので感想でもう少し改善して欲しいとは送りましたけどね
製品版でどうなるかは分かりませんがもう少し余裕のある状態に改善されている事を期待します

で、供物の設定が終わったらミッションと言う訳ですね


2013-01-04-142357.jpg


バトルパートの画面はこんな感じになります
ちなみにモンハンやゴットイーターの様にスタミナ的なものは存在しません
その点はプレイしやすいですね

またモンハンやゴットイーターと一番違う点はエリア、フロアと言ったものが存在しない事ですね

大型の敵と戦いやすい大きな場所はありますが逃げてやり過ごす場所も、逆に敵に逃げられる場所も存在しません

ゴットイーターはシームレスに広大なフィールドを再現していましたがそういう感じではなく戦う場所は一箇所、と言った感じです
イメージとしては嘆きの丘(だったかな)みたいな感じです。

私個人としては敵の体力が減ってからの追いかけっこが煩わしかったのでこの仕様は好感が持てますね
某ゲームのレウス・レイア夫妻みたいに飛ばれて「あの野郎・・・」となる事はありません
敵の攻撃が緩い現時点では、ですが

敵の攻撃が厳しくなる後半に逃げ場は欲しいと都合の良い事を考える事はあるかもしれませんね
仕方が無いよね、人間だもの


バトルパートで敵を倒すとこのゲームでは素材を敵から剥ぎ取ったりする行為は無く
代わりに


2013-01-04-142451.jpg


救済するか生贄にするかの選択を迫られます
ちなみにこの選択は任意のタイミングで行う事が出来、倒した敵の亡骸に近づく事で上の選択が表示される仕組みになっています

現時点ではですが救済・生贄を選んだ時のそれぞれの影響は

○救済
微量な体力の回復
防御力・回復力の増加
防御系アビリティの取得条件になる魂の入手

○生贄
各供物の使用回数が一回ずつ回復(魔法の使用回数回復)
攻撃力の増加
攻撃系アビリティの取得条件になる魂の入手

となっています
上で触れた魂についてですが様々な魂を一定個数を集める事で


2013-01-04-141843.jpg


刻印(いわゆるアビリティ、スキルの様なもの)を習得します

好きなスキルを好きな場所に装備出来る訳ではなく装備出来る物は部位ごとに固定しています
個人的にはもう少し自由に付け替え出来ても良かったかなーと言う感じです

で最後に


2013-01-04-141951.jpg


禁術の設定になります
上で紹介した供物は素材を使用するのに対し禁術は自分自身の何かを代償として失います
雑誌等で何度も触れられていたものですね

このサラマンダーの場合は皮膚を失い防御力が1/2に低下します
プレイヤーキャラの見た目が変わる等触れていた事もあったので気になってましたが現在の時点では一回使用しただけでは外見に変化は無かったです

この防御力低下及び使用回数を超えて使用し壊れてしまった供物は自動では治らずその後のミッションでも継続されたままですが


2013-01-04-143822.jpg


一定時間(一定回数のミッションのクリア?)経過するごとにリブロムに話しかける事で得られるリブロムの涙を消費する事で回復可能です
本の内容を涙で消して書き換える、と言う事のようです


あっさり目でしたがこんな感じですかね
バトルパートをもっと写真を使って紹介したかったのですが
Vitaのスタート、PSボタン同時押しという糞仕様なSS機能により断念しました

まぁ体験版が無料で配布されている訳ですし興味を持った方はプレイしてみる事をオススメします

言葉にはし難いですが確かにハイスピードな魔法バトル、って感じです
魔法もそれぞれに特徴があり使い分けも楽しいです
魔法のバリエーションが増えればその分だけ楽しさも増しそうな気がしますね

大型の敵とのやりくりはモンハンやゴットイーターと似ていて慣れるまではすごく強く感じていたのに慣れてくるとわりと楽に倒せるようになったりとその辺のバランス設定は非常に上手いです

チャットは微妙なのでインフラ対応でも未だにインフラはプレイしていませんがとりあえずこれは楽しみですね
フレンドも買う予定の人がいますしチャット周りが改善されればインフラにも顔を出すかもしれませんね

それでは今日はこの辺で

以下はコメレスです♪


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

2013/01/05 19:26 [edit]

category: SOUL SACRIFICE

tb: --   cm: 4
タイトルから暗くてすみませんw
理由は単純なんです

忙しくて時間が無いから

以上。

今年は想定外の予定が連続で入って余計に忙しいと言うのもそう思う理由の一つですね
疲れている分夜もいつも以上に寝落ちが酷いし最近はゲームもあまりプレイ出来ていません

こんな状態でインしても周りのフレンドさんに迷惑をかけてしまうだけなのでインフラにも一週間ほど顔を出していないですねぇ
普段から寝落ちで迷惑はかけてはいましたが。

引退を心配するフレさんもいるかもしれませんが違います、こんな状態なのでインしてないだけです^^;
落ち着いてくる来年の中頃にはいつも通りのイン率に戻っているはずですw

とは言っても全くゲームをやっていないと言う訳ではないですよ

最近プレイしていたのは



ソウルサクリファイス


SOUL SACRIFICE (ソウル・サクリファイス) です♪

プレイした方なら上のイラストでピンときたのではないでしょうか
体験版が配布開始になったのですぐにDLして時間の合間を見てはプレイしてましたね
感想はと言いますと

久しぶりに当たりが来るかもと期待できる出来です

アクション周りも良い出来ですし何より大型の敵とのやりくりが楽しいです
マルチも友人と試して見ましたが楽しかったですよ^^*

倒れた仲間を気軽に復活させてあげれる所等はゴットイーターに似ていますね

ゲームのコンセプト的に生贄とか代償とかが付いてまわり雰囲気も暗いので好き嫌いは分かれるなーと言うのがこのゲームの第一印象でしたがこれは買いますね
と言うか

今日予約しちゃいましたw
あまりに楽しかったので・・・w

意見を参考に改良も加えるとあったので個人的にここはなァと思った所について感想を送りたいと思います

ゲームの細かな感想については落ち着いてきたら書きますね
まぁ私の感想よりもVitaを持っている方ならプレイしてみるのが一番だと思いますけどね


ダンジョントラベラーズ2も3月発売なのは少し気になりますがまーどっちもプレイすれば良いだけですね
うん、何も問題ない

それでは今日はこの辺で


以下はコメレスです♪


-- 続きを読む --

2012/12/28 22:54 [edit]

category: SOUL SACRIFICE

tb: --   cm: 1

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

PSO2&PSPo2iのうちの子たち♪

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

▲Page top